趣味 悪影響

元々コミュ障だった人間が趣味に没頭しすぎるとこうなりましたw

子供の頃からメカ好きで10代〜20代の一番青春を謳歌するころに何を間違ったか車や自転車に没頭し過ぎてすっかり趣味人生をこじらせてしまいまいした…。

 

10代の頃に自転車の楽しさにハマりました。

 

とはいっても底はひねくれ者の私、長距離を走るようなロードやクロスバイクでなくストリートトライアルなるものに目覚めてしまいました。

 

今でこそREDBULLなどのおかげでで知名度が高くなってますが15年も前にはまだま超マニアック路線でした。

 

どんなことをするのかと言うと自転車での障害物競争のようなものです。

 

体力よりも技術面の比重が高くとにかく毎日の練習がモノを言うので友達がカラオケや合コンに行く間もただただ練習。

 

しかもその後社会人になり金銭的に余裕ができてきたら自転車の先輩にダウンヒルを教わってしまったのが最後泥沼でした。

 

ダウンヒルと言う競技は夏のスキーゲレンデを自転車用に造成してジャンプありドロップオフありのオフロードを自転車競技中最速で走る競技です。

 

自転車そのものも前後車輪に200mm程度のストロークがあるサスペンションが付いておりそのセッティングはアマチュアフォーミュラーカー並みの難易度をもっています。

 

また自転車だけでなくライダー本人の技量がとてもモノを言う競技なので5数年間ほどほぼ毎週東京⇔長野を往復して休みの日はほぼ毎日練習に明け暮れてました。

 

夏場は特に自転車競技連盟開催の公式戦に出場していましたのでベタな発想の湘南に行ってナンパとかできませんでいた(笑)

 

そんなこんあでサスペンションと自転車の勉強をしたおかげで移動の足に使ってた車のサスペンションなども減衰を調整できるショックを買っても使い方に困りませんでした。
(詳しい話は他で書きたいと思います。)

 

マウンテンバイク(ダウンヒル)に車の調整にと自分の時間のほとんどを費やし続けて、27歳の時大きな怪我を一年間で2回ほどやって会社や周りの人間に迷惑をかけてしまい考え方が変わりました。

 

今まで夢中でやってきたことだけどこの先の人生、何の役に立つのだろうか?

 

マウンテンバイクでは飯は食えないしい車弄りも足回りばかりで知識は中途半端、何よりこのままだと独り身で居る自分しか想像できない…。

 

かといって職場は工場なので女気のかけらもなければ周りも中年層の方も不思議と独身が多くてこの職場は危険だと感じてきました。

 

なんか人として大事なものを忘れてきてしまったような気持ちになりました。

 

「そして今からとにかく彼女が欲しい!」

 

やっとでこう思えた時が遅かったのでしょうか。

 

どこに出会いってあるのか、会ってから何をどうしたら恋人なんて関係を作れるのか?

 

私の中ではアラサーにもなって恥ずかしいことですが

 

「普通の人が”自転車はジャンプできる”と言われて何言ってるのか分からない」

 

と同じように恋愛という物理法則があり得ない離れ業に思えてしまって仕方ありませんでした。

 

だから先ずは恋愛の基本を、車で言えば教習本のようなものを求めました。

 

しかし多くの本は10代に向けたものであったり女性向けなものが多く参考になりません。

 

ネット上の情報教材も買ってはみましたがもう相手が居る前提だったり、私では参考にもできないナンパテクニックを紹介するものが多かったのです。

 

もちろん一人で街コンや出会い系サイトにも手を出しましたがサクラだったり連絡を取り始めたら何を言えばいいのかわからなくなり関係が続きません。

 

結局、心が折れてまた趣味にはしってしまう時期も多々ありました。

 

そんな風に3年ほど趣味と恋活をいったりきたりしていた時に、にネットの広告バナーで私のような人間を相手に恋愛セミナーを開いてるところがあり申し込んでみました。

 

その話は別ページにまとめておきます。

 

結果的にはそのセミナーを受けて半年あまりで念願の初彼女ができました。

 

ようやくマイE51に自転車と家族以外が乗るときがきたのです!

 

いつの日かのドライブデートのためにも快適な乗り心地を意識して練習してきた甲斐がありました!

 

車酔いしやすいという彼女ですが安心して乗れると言ってもらえましたし、こんなに充実した気持ちで過ごせるのは初めてかもしれません。

 

レースをやっていたころは夏場はピリピリしてトレーニングにコースのイメトレにと趣味なのにストレスを感じて走っていました。

 

いまでも同じようにデートが上手くいくようにコースの下見やプラン立てに神経を使っていますが恋愛をしているとそれらが心地よく感じます。

 

彼女に喜んでもらうためなら多くの努力が努力と思わなく楽しく感じるのが今までの自分では考えられない変化になっています。

 

わずか半年で趣味をこじらせて恋愛が理解できなかった自転車オタクから一転、恋愛を楽しめるまでに変化できた恋愛セミナー

 

気にる方は是非一度体験して頂きたいと思います。

 

値段も3000円と手ごろですし、返金保証で3000+交通費4000円まであります。